中居正広のプロフィール
FC2ブログ

中居正広のプロフィール

ここでは、「中居正広のプロフィール」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来歴
「神奈川県藤沢市出身。男3人兄弟の末っ子(三男)。藤沢市立明治中学校、私立平塚学園高等学校中退、東京都立代々木高等学校定時制卒業。この高校で木村拓哉とは同じクラスで、同じバスケットボール部に所属する。

中居曰く、高校時代の中居は「ヤンキー派」で、木村拓哉は「チーマー派」。

1987年3月に入所した。 デビュー当時は、ただの「明るくてうるさい奴」というイメージがあったが、93年頃からメンバーの「香取慎吾」が、あらゆるメディアで「繊細」「潔癖」「優しい」「誰よりもSMAPを愛する人」であることをアピールし、そのイメージが広くSMAPファンの間に浸透するようになる。

1996年に開始した「うたばん」以降、中居に対するそれまでのイメージ、キャラクターが崩れていき、現在世間で認識されている芸人のようなキャラクターに至っている。ただし、そのことがきっかけでただのジャニーズアイドルの枠を超えた層(例えば、普段ジャニーズに興味を示さない人たち)にもファン層を開拓していったことも事実である。

ソロの仕事のメインは司会業で、1997年、1998年とNHK紅白歌合戦の白組司会を2年連続で務め、2004年には、フジテレビ系27時間テレビでナインティナインとともに司会は4年ぶりに務めたほか、TBSテレビ系アテネオリンピック中継の司会進行を久保純子とともに務めた。 また1996年と1997年にもニッポン放送のラジオ・チャリティー・ミュージックソンを担当している。

熱狂的な巨人ファンとして知られるが、デビュー当初は阪神ファンの機関紙月刊タイガースで「熱烈な阪神ファン、湘南出身なのにタイガースファンの中居です」と公言したことがある。「SMAP(当時はまだ世間的にはそれほど知られていなかった)もよろしくお願いします」とその締めくくりで発言している。

1997年、1998年、2006年のNHK紅白歌合戦の司会を務め、男性の司会者ではNHKのアナウンサーを除くと加山雄三、堺正章、古舘伊知郎と並び最多タイの3回となった。


特徴
俳優としてよりもバラドルとしての実力の方が一般認知されているが、演技力にも秀でている。素の明るいキャラが際立っているので、初期はそのような役柄にキャスティングされることが多かったが、近年では180度違う人間性を持つクール・冷血漢・冷静沈着・エリート・犯罪者などの役柄を演じる機会に恵まれ、新たな境地を開拓した。
実際のところ、俳優としてのキャリアはアイドル・バラドルのそれと同じくらい長く積んでおり、相応の場数を踏んでいる。中でも「白い影」「砂の器」「模倣犯」に出演の際は役作りに粉骨したらしいが、俳優一筋の人に対する遠慮もあり(加えて、本人が自分のイメージが固められてしまう事を恐れている節もある)、本人自らは決して努力を口にしないので、それらの話は実際に仕事に関わった周囲から漏れてくるものである。ふり幅の広い役者としての側面は、バラエティでの自己演出からも見て取れる。
愛車は、1996年6月から2000年12月まで販売されていたFY33型・日産シーマであり、長い間大事に愛用している事で広く知られている。時々、自ら出演するTV番組で披露する事もある。
もって生まれたヤンキー(母親がパンチパーマ)。基本は昔から茶髪(金髪もあり)。 ドラマのために黒髪にした後も、撮影終了直後には髪色を戻すことが多い。
スポーツ歴は野球とバスケットボール。
帽子(癖毛が嫌で、ほとんどと言っていいほど被っている。冬はニット多め)・アクセサリー(ネックレスは毎年誕生日に変わる。)・リストバンド・時計等が好きで数多く所有している。帽子は5~60個ぐらい所有しているらしい。現在の時計はフランクミュラー。
RIP SLYMEのSUの姉と、DJ FUMIYAの兄(EAST ENDのTAKE)は小学校・中学校時代の同級生でその時よくTAKEの家に遊びに行っていた。また、うたばんではその当時の事をSUとDJ FUMIYAに暴露されていた。
神奈川県(特に、茅ヶ崎方面)の人にみられる方言(語尾に「~だべ」をつける)、父親が北海道岩内町出身だからという説も有力(→関連北海道方言他の表現・活用)。メディアによると、最近の女子高生における方言ブームの元祖はこの人である。
「オリコン・モニターサーチアンケート」の「司会をしてほしいタレント」、「帽子が似合うタレント」の男性部門で首位を獲得した。
最近は「白い影」「砂の器」の影響でおばちゃん層(F3)に人気。「味いちもんめ」などの頃から年配層のファンを持っていたが、紅白の司会などの頃からそのファン層をさらに増やしていった。「ナニワ金融道」など男性受けする出演ドラマも多かったことも特徴のひとつである。
カメラが回ると切り替えが早いことで有名。
最新の家電製品が苦手。家では未だにVHSのビデオデッキを使っている。携帯電話も12年間同じ機種(NTTドコモのPシリーズ。おそらくはデジタルムーバPと思われる)を使い続けていたほど(しかし2006年4月についに使用不能になってしまったため、お店の代機を使用中。現在もメールで迷い買っていない)。
主演映画「模倣犯」の宣伝で2002年06月14日放送のぐるナイゴチ3にゲスト出演した時、値段予想で矢部から「お前アホやろ」、後輩の国分太一から「だから先輩だと思えないんです」と酷評される。しかし最終的にはピタリ賞100万をゲット、最下位となった国分から「やっぱSMAPってすげーなぁ」と言わしめた。
普段からアンクレットを二つ身に付けている。テレビ出演の際も基本的に外すことは無い。片方は親戚の子供から貰ったと番組内で公言しているが、もう片方については一切語ろうとせずに、なぜかこの話題が終息に向かってしまう。
視力が悪い(右目が0.1~0.2、左目が0.09)。車を運転する時と家にいるときなどは、いつもメガネをかけている。仕事などではコンタクトはしていない。ちなみに、メガネは40個ぐらい所有しているらしい(本人談)。
帽子(キャップ、ハット、ニット合わせて)も50個辺り所持しているらしい(これも本人談)。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://johnnys5050.blog105.fc2.com/tb.php/107-19486d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。