堂本剛
FC2ブログ

堂本剛

ここでは、「堂本剛」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「相方の光一との共通項は、家族構成、姉が履歴書を送ったことが事務所入りのきっかけであること、人と目を合わせるのが苦手(特に女性とは)なことなど。
KinKi KidsのライブMCでは突然ドラムやキーボードの演奏を始めたり、ボクシングパフォーマンスを始めたりと自由な行動が多い。(相方の光一は「君は本当に自由やな!」「俺はどうしたらええんや」などと文句を言いつつも、大概はニコニコしながら眺めている)
基本的にボケ側であるが、相方の光一が天然ボケなために番組内ではツッコミをしなくては収拾が付かない場合が多々ある。
私物のギターは30本以上あり、アンプやエフェクターも多数揃えている。ギターは寝室に保管し、新しく買ったギターは抱いて寝たりもする。ラジオ番組でリスナーから「どうして抱いて寝るんですか?」「壊れたり傷んだりしないんですか?」と質問が来た際に「匂いが落ち着く」「僕は寝相がいいから大丈夫です」と答えている。
恋愛観は女性的。また、好みの女性の話をして周りから同意されることが少ない。
延々と自分の髪の毛を触る癖がある。
漫画電影少女のあいが好きだったらしい。相方の光一いわく、好みの女性のタイプをあげるときにはよく「このアニメのこのキャラクターがいい」と例に出す。本人曰く(アニメキャラに恋することも)「これもれっきとした恋」。
高所恐怖症にして飛行機恐怖症。密閉されている感じが嫌だとのことで、新幹線もあまり好きではない。かつてはバラエティ番組などで、極度の高所恐怖症をネタにして、ジェットコースター乗りなど(本人にとっては)過酷な企画に挑戦していた。飛行機では恐怖から逃れるため必ず眠る。飛行機に乗っている間はシートを倒さずシートベルトをしたまま離陸前に眠り、飛んでいる間に起こされないようにしている。
CDデビューしたての頃に過呼吸を発祥し、ヘルニアを患う。それぞれドーモトモードや個人のメッセージにより発覚。
イラストを描くことが得意。著書やオフィシャルグッズ、『新堂本兄弟』『堂本剛の正直しんどい』などで披露しているほか、ENDLICHERI☆ENDLICHERIのシンボルキャラクター「Sankaku」もデザインしている。毎年元旦に行われるKinKi Kidsのコンサートにおいて、相方の光一に手製のイラスト色紙を誕生日プレゼントしているが、テーマが独創的すぎて本人には苦笑いされていることが多い。(大体、普段の光一の振る舞いを剛なりに面白おかしく表現したものである)
ものまねが得意で、『新堂本兄弟』でチャン・ドンゴンが叫んでいるCMの物真似を披露していた。また、ダンカンをバカヤロウ!と叱るビートたけし、若井おさむ(アムロ)、ペ・ヨンジュンもレパートリー。その他ライブMCなどで様々な物真似を披露している。
お笑いが好き。特にダウンタウンの大ファンで、ジャニーズ事務所に入る以前の小学校の頃は、吉本興業への進路を希望していた(『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にて)。本人の意向かは不明だが、『正直しんどい』や『堂本兄弟』にもお笑い芸人のゲストが多い。
釣りが好きで、撮影の合間やプライベートでスタッフと釣りに行くことがある。しかし多忙で行けなくなり、そのため魚を家で飼い始めた。(本人談)
とても動物好きである。虫以外の動物(哺乳類、爬虫類、魚等)を見るとコミュニケーションをとろうとする。虫も、怖いとか触れないということはない。
バク転が出来ない。
一時期、「堂本剛と共演した女優は結婚する確率が高い」と言われていた。ただし、これは剛の恋人役を演じた女優にのみ起きる現象と言われる。
漫画好きで、『ろくでなしBLUES』に登場させてもらった事がある(作者の森田まさのりは『正直しんどい』のオープニングにアニメーション用イラストを提供している)。他には『ドラゴンボール』も好きで、『堂本兄弟』で作者の鳥山明について語ったり、ラジオなどでドラゴンボール絡みのネタを話すことも少なくない。
故郷の奈良をこよなく愛する。ENDLICHERI☆ENDLICHERIのアルバム名(ライブ名)が「NARA」の折句になっていたり、「奈良は自分の原点」「老後は奈良に帰ってお寺巡りをしたい」「奈良の大仏の前でいつかライブをしたい」「楽曲を作るときのイメージや哲学を思うとき、いつも奈良が顔を出してくる」と奈良にちなんだ発言も多い。
自身の音楽やプロデュース内容にこだわりがあり、スタッフや事務所、時には相方の光一との折衝も辞さない。楽曲発表のタイミングが狙いと外れたり、サプライズを狙って秘密にしていた内部情報がインターネットや新聞などのメディアや噂によって事前に外部に漏れてしまうことなどによって、企画や音楽そのものが勢いをなくしてしまうことを嫌っている。
愛という言葉や概念に思い入れがあり、家族や自分の大切な人間に対する愛、自分に向けられる愛を大切にし、音楽などによって自らも愛を発信していきたいという主旨のことを、MCやインタビューなどでよく口にしている。
本人は、「“芸能人”というよりも、“一人の男性”として、生活をしていきたい」、「自分のありのままを見せ、その姿を好きになってもらうことで、自分とファンの関係に意味が出てくる」という考えを持っている。よって、時には過激な格好やヘアスタイルをしたり、ライブMCで自分の率直な本音を語るなど、通常のアイドルから逸脱した行動を行なうことがよくある。だがその本音を語る部分で、最近では男性からも少なからず支持を集め出している。

感受性と霊感が非常に強い。そのため、母親にお寺でお祓いしてもらったブレスレット・茶色い数珠を、ほとんどいつも身に付けている。
以前母親に貰った羊を象った手作りのネックレスを失くしてしまったため、後日母親と一緒に買い物に行った時に見つけたという金色のカメのペンダントを、撮影時も含めほとんどいつも付けている。
おしゃれな歌手ランキングの上位常連で、ファッション雑誌で表紙を飾ることがある。2004年ベストジーニストに選ばれた。
洋服の色で好きものは紫、緑、ピンクなど(特に、ショッキングピンクなど彩度の強いもの)。周りと同じが嫌いで、好んでいたファッションや色でも流行り出すと興味がなくなる。
頻繁に髪型が変わる。アシンメトリーヘアー、ピンクやオレンジなどの派手なメッシュ、片側だけ刈り上げるなど、個性的な髪型が多い。本人曰く、「女性受けしやすい髪型をしてる時は女性共演者やスタッフによく食事に誘われるが、そうでない時は全然」とのこと。
私服のファッションが個性的すぎて、堂本剛だと認識される以前に不審者と間違われたことがある。また、外に出る時に変装のたぐいはしないが、その派手さのせいか、却ってあまり声をかけられない。(雑誌インタビューやライブMC、音楽番組など)」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://johnnys5050.blog105.fc2.com/tb.php/150-df4ea488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
堂本剛堂本 剛(どうもと つよし、1979年4月10日 - )は、奈良県奈良市出身のアイドル、歌手、俳優、タレント、シンガーソングライター。 ジャニーズ事務所所属。 血液型AB型。 愛称はつよ、つよちゃん、どつよ。身長165cm。1992年、同事務所所属の堂
2007/09/06(木) | あみのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。