丸山隆平
FC2ブログ

丸山隆平

ここでは、「丸山隆平」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「1996年9月22日、「お前は目立つことが好きやし、アホやけど割と男前やから送ってみろ」と言う両親の薦めでジャニーズ事務所のオーディションを受け、練習生として入所。渋谷すばると同じオーディションであった。
しかし、その後事務所からの連絡が一切なかった為、もう一度履歴書を送ってオーディションを受けている。その際に「YOUこの前受かった子じゃないの?」と、社長に言い渡されたようである。そのオーディションは安田章大、錦戸亮、大倉忠義と同じであった。事務所内でオーディションを2度受け、しかも「受かっている」とハッキリ言い渡されているのは恐らく丸山だけであろう。
ジュニア時代は関西ジュニアの中心であった、渋谷すばる、横山裕、村上信五のバックで活躍し、同期メンバーで組まれたユニット「BIG-WEST」にも参加。内博貴、安田章大、今山透、水野清仁と共に「V.WEST」というバンド形式のユニットを結成し、ベーシストとして活動。週刊V.WESTという冠番組を持っていた。
2002年に関西ジュニアのメンバーで関ジャニ∞を結成し、2004年8月25日に関西限定発売の「浪花いろは節」でCDデビュー。「浪花いろは節」は、その後9月22日に全国発売された。
関ジャニ∞ではベースを担当。TOKIOなどのバンド形式を取っていないユニットでメンバーに楽器を常時持たせる事は珍しく、ジャニーズ事務所の若手ユニット(KAT-TUN、NEWSなど)内でベーシストという明確なポジションで活動しているのは丸山のみである。
イメージカラーである∞カラーはオレンジ。
2006年12月18・19・20日に、大阪松竹座でのソロコンサートを行った。

自他認めるヤラレキャラ、空回りキャラ。しかし本人は滑ってないと思うようにしている。「気持ちが大事やから」と。
持ち1発ギャグは「パーン!」『パーン』の他に『アマース』、『ポップコーンぽーーーん』というギャグを言う。
メンバーの大倉や錦戸に「パーン!」を使われるようになったため、ファンから新しいギャグを募集した(Johnny's Webより)。「テキサース」という新しい一発芸がwebから考案され、コンサートで披露している。
般若のモノマネが得意である(スカ☆Jにて)また、別番組では「前世は般若」と発言したこともある。
2ndアルバムに収録されているソロ曲作詞のクレジットは「HANNYA MAN」。因みに「HANNYA MAN」に依頼して書いてもらったらしい(レコメンにて、本人談)。
横山らに「丸の事を嫌いな人はいない」と言われる程、大変温厚で優しい性格である。
メンバーに格好良い!と評判の丸山の父親は、ボディビルダー。母親も元ボディビルダー。そのため、反抗期について「反抗しなかったんじゃなくて、出来なかった」と語っている。
妹がめちゃくちゃ可愛いらしく、妹が彼氏を連れてきたら…と心配して父親と相談している。
安田へ「優しさは、時に人をダメにするよ」と言った(ザ・少年倶楽部より)。ちなみに丸山は、それさえ分かってもらえたら安田と結婚してもいいらしい。
コンサートなどでの渋谷とのコンビネーションは、すでに神業である。LIVE DVD「Spirits!!」でも収録され、FTONツアーの最終公演ではもっと長い文章を合わせていた。
人に悩みなどを話すことが苦手だったが、最近は安田に愚痴なども話すようになった(本人談)。
マラソンなどの陸上競技が得意(50M走は6秒93)。しかし、球技は大の苦手だ。
番組で女性タレントと共演すると異常なくらいテンションが上がりずっとソワソワし、いやらしい笑顔をするらしい(横山談)
プライベートはメンバーでもまったくわからないらしい。」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://johnnys5050.blog105.fc2.com/tb.php/167-65fffd94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。