田口淳之介
FC2ブログ

田口淳之介

ここでは、「田口淳之介」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「小学校6年生の時『SMAP×SMAP』を見て、ジャニーズの先輩である「SMAP」に憧れて、オーディションに応募した。ジャニーズ入所は1999年。KAT-TUNのメンバーの中で1番最後に入所した。その後、KAT-TUNのメンバーとして、音楽番組『ポップジャム』にレギュラー出演する。
AB型でたまにB型が出ると性格が豹変するらしい。(以前、色々な音楽番組に出演した際にネタにされていた。)例えば、「格闘技ゲームをやっているとき『死ねやぁ~』や『所詮お前ごとき』などの暴言を吐いたりする」など(田中聖談)
出生時の体重は4250gだった。
家族構成は母、兄、姉。
「淳之介」という名前は吉行淳之介に由来する。
父親が水虫で、昔は酢を張ったたらいに足を浸していたらしい。(本人曰く時効のため話した。)
幼少時代から転校と引越しが多かった。
小学校や中学校の頃は私設ファンクラブが出来るほどのモテモテの人気者だった。
彼の大きな魅力は「笑顔」。爽やかなその笑顔は「じゅんのスマイル」と呼ばれ、親しまれている。
チャームポイントは「目」。理由は「笑うとなくなるから」らしい。
尊敬する先輩はV6の坂本昌行である。(某雑誌)[要出典]
感動するとすぐ泣きそうになる。
電車に乗るとき、よくドアに頭をぶつけるらしい。まったく変装もせずに、普通に乗ってしまうらしい。
MAの米花剛史とは交流があり一緒にビリヤードをすることがある。

幼い頃からタップダンスとヨットを習っていた。タップダンスはKAT-TUNの一員となった今でも生かされている。
持ち前の運動神経と運動センスの良さで、大抵のスポーツをそつなくこなす。アクロバットもKAT-TUN一上手い。
2006年4月に出演したテニスドラマ『Happy!』でプロ選手から指導を受けた際に、「君はプロになれるよ!」と太鼓判を捺された。
特技はダジャレとジャグリングを掛け合わせた「ダジャリング」とタップとジャグリングを掛け合わせた「タップリング」。2004年から2005年にかけて行なわれた『KAT-TUN LIVE海賊帆』で、この「タップリング」を披露。
ダジャレについては「寒さは類を見ない」、「寒すぎて笑える」との評価もある。だが、寒すぎるといわれるダジャレだが、聞いているとかなり頭の回転が速いのがよくわかる。
漢検2級を持っている。
子供の頃にしていた習い事は、タップダンス・ヨット・水泳・バドミントン・卓球・野球・サッカー・バスケ・陸上・ピアノ・バレーボール。
メイクが早い(MYOJO1月号より) 」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://johnnys5050.blog105.fc2.com/tb.php/171-80bca8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。