中丸雄一
FC2ブログ

中丸雄一

ここでは、「中丸雄一」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「1998年11月8日にジャニーズ事務所入りする。きっかけは、中学3年生の時、同級生の女子たちが中丸が文化祭で踊っていたダンスを見て、履歴書を用意し「あとは判を押してくれればいいから、試しに出してみよう」と持ちかけたこと(本人談)
オーディションの集団面接の際、自分の顔は中の下だと述べる。(それに対し事務所社長のジャニー喜多川は誉めるでもなく「いや。Youは中の上だよ」と返したという。)
意外と内気で人見知り。仲間内では元気だが、一人の時や慣れない人の前では借りて来た猫状態になる。
メンバー内で一番の寂しがり&一番のシャイに選ばれたことがある。
自分は子供の無邪気さではなく、大人の無邪気さだと語る。
トークは自他共に認める腕だが、あがり症な為本番で実力を発揮できないらしい。
温厚な性格は潤滑剤の役割になり、メンバーからの信頼は厚い。その為KAT-TUNの影のリーダーとも言われている。
先端恐怖症で箸や鉛筆の先でさえ怖い時があり、カウンセリングを受けにいっていた時期がある(本人談)
大人な時と子供な時の差が激しいらしい。
礼儀に関しては父親に厳しく躾けられた。
特徴は鼻である。(ザ少年倶楽部より)
すぐそわそわする自分の態度がコンプレックスらしい。
爆笑オンエアバトルの熱狂的ファン(本人談)
好奇心旺盛で幼児期、三輪車で階段を下りられるかを実験し顔面を強打した。
メンバーの中でもっとも握力が弱く右34、左30である。
デビューインタービューでは「すごく待たせたんですけどこれからもよろしくお願いします!これを機に一層頑張りますので応援してください!」「KAT-TUNを大きくします」と熱い意気込みを語った。
デビューコンサート前のインタビューで「泣いてしまうかもしれない」と感動の大きさを話していたが、その言葉通りツアーの最終公演でPRECIOUS ONEを歌っているとき感極まり号泣した(普段は滅多に泣かない)。

特技はボイスパーカッションで、RAG FAIRのおっくんにも認められるほどの腕前である。
RAG FAIRのおっくんとは昔ヒューマンビートボックスを教えてもらっていた事もあり、仲が良いらしい。KAT-TUNの曲中でも、その妙技を披露している。『ウタワラ』では、おっくんと田中聖(ラップ)でその技を披露した。
ボブ・サップの顔真似が得意。コンサート中に変顔などもよくする。
得意料理はオムライス。ラードを入れるとご飯がぱらぱらになると父親に教えられた。(ザ少年倶楽部より)
書道初段・硬筆初段の腕前を持っている。
ファンクラブYou&Jの会員番号1番。(コンサートMCより)」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://johnnys5050.blog105.fc2.com/tb.php/174-db801cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
初めまして、この度「あがり症克服法」というサイトを作りましたのでTBさせて頂きました。貴ブログ訪問者の方々に非常に有益な情報だと思っております。万が一不要な場合は、お手数ですが削除ください。
2007/07/16(月) | あがり症克服法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。